江戸前(浦安・行徳エリアガイド)
江戸前HOMEへ 江戸前とはへ 江戸前おすすめスポットへ 江戸前おすすめコースへ
江戸前おすすめスポット

HOME > 江戸前おすすめスポット > 遊漁船(屋形船・釣り舟)



遊漁船(屋形船・釣り舟)

屋形船は、粋な江戸の遊び
屋形船の歴史は古く、平安時代まで遡り、かの「万葉集」にも詠われています。はじめは平らな舟で「平田舟」と呼ばれていましたが、江戸時代では江戸城の堀と隅田川を中心に水上交通が発展し、大名や武家などが船遊びに興じたとされています。豪華さを競い大きくしたり、芸者遊びをしたり、花見や花火見物になど、次第に江戸の町に広まり、多くの人々に親しまれるようになったといいます。

浦安の船宿
浦安の町は東京湾奥に位置し、海と川に囲まれた地形を背景に昔から水とは縁の深い生活が営まれてきました。浦安の海や川では多くの種類の魚貝が採れ、穏やかで適度に潮が流れる環境下、海苔の養殖も盛んに行なわれました。地場で採取されて魚介類は行商により流通し、大都市東京に隣接していたことも手伝い、当地の漁業は繁栄しました。

しかし、戦後、高度成長期に突入すると、当地においても近代化が進展し、昭和30年代に入ると工場排水及び生活排水により漁場の汚染が始まり、昭和37年に漁業権の一部放棄、昭和46年には漁業権が全面的に放棄され、人々の生活は大きく転換することを余儀なくされることとなりました。

かつて繁栄した漁業は鳴りを潜め、現在の浦安は?と聞かれると、東京ディズニーランドのある町、東京近郊のベイエリアといったとかく華やいだイメージがありますが、町を散策すると今でも昔の面影が散見されます。猫実の浦安橋界隈を覗き込むと、橋の両岸には船宿が軒を連ね、河川には釣り船、屋形船が停泊し、何とも言えない風情を醸し出しています。

現在、浦安には20を超える船宿があります。その中には元来は漁業を営み転身を図った方もいらっしゃるようです。

釣りを趣味とする小生はしばしばこれら船宿より乗船し、東京湾の旬な釣りを満喫しております。釣りはもちろん、青い海に心を癒され、また四季折々美味い魚を食し、一石三鳥といったところでしょうか。海と魚を愛する粋な船頭たちに「江戸前の海」へと誘われてはいかがでしょうか。


地域ナビゲーター情報

江戸前おすすめスポット

船宿 吉野家

浦安市猫実5-7-10








江戸前おすすめスポット
粋な味と伝統の逸品

寿司

天ぷら

うなぎ

鴨料理

佃煮

海苔

焼きあさり・焼きはまぐり

魚市場

見どころと遊びどころ

遊漁船(屋形船・釣り舟)

郷土博物館

寺社・史跡

特集

神輿づくりの現場

今の江戸前三番瀬

スポット周辺に泊まるなら「リゾコン倶楽部」へ

ページの先頭へ
Copyright (c) 2005 EDOMAE. All rights reserved.